自転車と空き家で視察



宇都宮市の『自転車のまち推進計画』と東京都世田谷区の空き家の利活用策について視察調査を行いました。6日の夜はホテルニューオータニ(東京)で開かれた『2014仙台の夕べ』に出席しました。
 宇都宮市は、プロのロードレースチームがあるほど自転車利用が盛んは都市で、〝安全〟〝快適〟〝楽しく〟〝健康とエコ〟をキーワードに様々な自転車施策が展開されており、大いに学ぶことができました。今後、仙台市の自転車施策に反映したいと考えています。
 世田谷区では、空き家を迷惑施設ではなく「地域の有効な資源」として、地域のコミュニティの形成や子育て、高齢者の見守りなど、空き家を活用して地域の活性化に生かしている取り組みは、仙台市にも大いに参考になると思います。
 『仙台の夕べ』は、首都圏の企業や団体、外国機関、官公庁、仙台ゆかりの方々などに、東日本大震災からの復興に向けた取り組み状況の報告やシティーセールスを目的に開催されたもので、900人を越える方々が出席されました。