泉岳自然ふれあい館がオープン


 泉岳少年自然の家が、新たに『泉岳自然ふれあい館』としてオープンし、開館記念式が7月21日、行われ、視察しました。
 建物は、宮城県産の木材をふんだんに使用した開放的な木造で、小中学生の野外活動などの学校教育を支援するほか、市民も利用できる生涯学習でも利用できる施設となりました。
 祝j白質は320名定員で、大食堂も定員が一度に食事できる広いスペースが確保されています。
 食物アレルギーに対応した食事も、一部ですが提供できることになり、また、オリジナルの「ささかまコロッケ」も誕生しました。
 食堂を担当する方々とお話をすることができ、食物アレルギー対応食の拡充を図る努力を求めました。
 これからも、事どもたちの笑顔があふれる施設になるよう政策の提言ができればと思います。