室生寺展視察と特別展で意見交換

仙台市博物館で開催中の「奈良・国宝室生寺の仏たち」の視察と特別展の状況などで、遠藤館長から説明を受けた後、今後の課題やあり方について意見交換をしました。
「室生寺展」は人気が高く、1日平均1270人の観覧者があるとのことでした。
震災後に開催した特別展も質が高く、全国から観覧されているとのことでした。
今後については、学校教育や生涯学習の支援や連携を強化していくことだと強調されました。
お話を伺い、特別展と他の事業や施設との連携や広報、学芸員等の支援など、多面的な取り組みが大切だと思いました。